このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのアップグレード方法

WordPressはインターネット上で運用する以上、セキュリティ対策として、常にWordPressを最新版にアップグレードすることは常識と言って良いだろう。

先日2016/05/06に、最新版 Version 4.5.2がリリースされたので、これを機にWordPressのアップグレード方法を示す。

以下に、一通りの方法がまとまっているので、まず読むことをオススメする。
WordPress のアップグレード/詳細

要約すると、流れは以下の通り(筆者の場合):

  1. データベースをバックアップ(-> クラウドを利用の場合、デフォルトでバックアップしていれば問題ない)
  2. 全てのWordPressファイルをバックアップ(-> 普段からgitなどで構成管理していれば問題ない)
  3. 全てのプラグインを無効化
  4. アップグレード作業(-> ファイルの差し替えで済む)
  5. できれば、プラグインもアップデートがあれば最新化
  6. 全てのプラグインを有効化
  7. 全てのWordPressファイルをバックアップ(-> gitで最新化)

ここでは、「4」が肝であるが、WordPress のアップグレード/詳細の通り、
「削除する/してはいけないファイル一覧」に注意したい。

「取り消し線が引かれたディレクトリ・ファイルは削除、それ以外は残します。必要なファイルを削除しないよう注意深く作業してください。」
とあるので、以下の通り行う。(※筆者の場合)

※以下の削除とは、「新しいファイルとの差し替え」を意味する。

  • wordpressディレクトリ
    • wp-admin/ – 削除
    • wp-content/
      • plugins/
        • 「プラグイン」- 使用しなくなったものがあれば削除
      • languages/ – 削除
      • themes/
        • 「デフォルトテーマ」 – 削除
        • 「子テーマ」 – 残す (※こんな時のため、アップグレードするのに、Wordpressは子テーマを使っていると楽である)
        • index.php – 残す
      • index.php – 残す
    • wp-includes/ – 削除
    • wp-config.php – 残す
    • index.php – 削除
    • license.txt – 削除
    • readme.html – 削除
    • wp-activate.php – 削除
    • … 以降、全ての「wp-◯◯」ファイル – 削除
    • xmlrpc.php – 削除

アップグレードが完了したら、問題なく出来たかバージョンを確認しておく。(以下、参考)
WordPressバージョンの確認方法

ちなみに、WordPressの主なセキュリティ対策については、以下に分かりやすくまとまっている。
WordPressのセキュリティ対策でしておくべき11の項目

Author: @pattyhama

IT engineer in Tokyo, Japan #Programming #Tech #Entertainment

コメントを投稿する

このエントリーをはてなブックマークに追加