このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS 6.7 に PostgreSQL 9.5 を yumでインストールする手順

はじめに

CentOSの初期設定では、PostgreSQLはbaseリポジトリからインストールされるようになっている。

PostgreSQLのyumリポジトリの追加

PostgreSQLは、公式の yum リポジトリを提供しているので、そのリポジトリを指定してインストールするように設定を変更する。


利用できるPostgreSQLの確認

これでyumからPostgreSQL9.5が参照できるようになる。

PostgreSQL9.5のインストール

インストールされたPostgreSQLの確認

データベースの初期化

PostgreSQLの起動

PostgreSQLの初期起動を設定

postgresユーザに変更して操作を行う

PostgreSQLは、OSユーザとして管理権限を持っている

作成されているデータベースの確認

以上、PostgreSQLのインストールから、データベースの確認が出来るまでの手順を示した。

Author: @pattyhama

IT engineer in Tokyo, Japan #Programming #Tech #Entertainment

1 thought on “CentOS 6.7 に PostgreSQL 9.5 を yumでインストールする手順”

コメントを投稿する

このエントリーをはてなブックマークに追加